更年期世代の不眠をサプリメントでサポート

更年期の不眠 サプリでケアしましょう

女性の40代中盤から50代にかけての年代はホルモンバランスが大きな変化を迎える、いわゆる「更年期」です。
イライラやほてり、だるさなどが主な症状ですが、更年期のお悩みの1つとして「眠れない」「寝つきが悪い」という不眠の症状を訴える方も少なくありません。
ベッドに入っても頭がさえてしまったり、疲れているのに眠ることができなかったり。不眠が原因で、更年期に多いうつ状態が重くなってしまうことも珍しいことではありません。

更年期は体の変化に戸惑いがありつつ、精神的にも色々と悩みを抱えやすい時期でもあります。介護の子と、子供のこと、そして自分自身の体のこと・・・疲れやストレスからくる症状とホルモンバランスの変化が原因で及ぼす症状、それらが複雑に絡み合い、不眠や浅い眠りにしかつけないなどの睡眠障害につながることもあります。

リラックスして副交感神経を優位に

昼間の活動時間帯は「交感神経」が働きますが、夜のリラックスタイムは「副交感神経」が働きます。
これは自律神経なので自分では自由に動かすことができません。

質の良い睡眠がとれるかどうかは起きている時間の質の高さとも密接な関係があります。不眠が原因でイライラしてしまい、また眠れなくなるといった悪循環を繰り返さないためにも、ゆっくり眠ることが大切です。
温かいお茶を飲んでみたり、マッサージでリラックスしてみたり、アロマや音楽でくつろいでみるなどの方法と合わせて、サプリメントを利用してみるのも1つの方法です。

入眠剤や睡眠薬などのお薬を利用するのに抵抗がある人も、自然のハーブの作用でリラックスした睡眠へと導びいてくれるサプリメントなどを選んでみましょう。
ゆっくり眠ることは明日の活力につながります。
また、更年期は多かれ少なかれ様々な症状が出てくるものだと認識し、眠れなくても目を閉じてリラックスして、まずは体の疲れを取るようにしてみましょう。

様々な時期の女性ホルモンの乱れに

初潮から閉経まで、女性の体はホルモンに左右される部分が多く、体調・気分両方がホルモンバランスによって変化します。
女性ホルモンサプリ.コムはそんな女性の体の揺らぎをサポートしてくれるサイトです。

更年期、PMS、妊活中の方など、様々な時期に合わせたおすすめサプリや自宅でできる対処法などを紹介していますので、こちらもあわせてご覧ください。