気持ちを前向きに乗り切ろう

更年期は女性にとっては、心身ともに起きる大転換期にあたる時期と思います。
身体的には、閉経という一大イベントが起きます。子どもを産める子宮のお役目が終わるのです。

女性ホルモンが減り始める事により、今まで正常に機能していたバランスが崩れます。
必要なホルモンが減る事により、交感神経や副交感神経も保たれていたバランスにズレが生じ始め、イライラしたり、不安感が募ったり、頭痛や発汗、動悸など、ありとあらゆる器官が暴れだすのです。
新しい自分になるために、もがいているように見えます。

この時期の女性は、子どもの巣立ちや環境の変化なども関係して、人により重い症状の人と軽い症状の人に分かれます。
特に、専業主婦で子どもの成長に一喜一憂していた人は、子どもの親離れにより、なかなか子離れが出来ず、精神的に病んでしまいやすいです。

心が病むと体の調子も崩れ、自律神経失調症やうつ病を併発しやすいので、気をつけて下さい。
症状が重い方は、婦人科などで、ホルモン注射などの治療を受けましょう。

女性ホルモンが足りなくなるのが原因ですから、女性ホルモンを注射して貰う事により、ホルモンバランスが正常になります。
1人で悩まないで下さいね。誰しもが、遅かれ早かれ通る道です。

逆に、あまりに軽く更年期が起きたので、全く症状を感じないままの人もいます。
仕事を続けてる人や趣味やスポーツなどで、人生謳歌してる人は軽く済む人が多いです。

個々のその時の生活環境が、大きな要因になる場合もあるのです。もともとの性格も関わっているかもしれません。
更年期の症状だから平気、と我慢をしないで下さい。
同じような症状でも、違う病気が潜んでいる可能性もあるからです。
不快な症状で辛いなら、まず受診して、症状の原因を見つけましょう。重い病気の諸症状だったら、放置するのは危険です。

更年期になってしまったら、開き直りましょう。
身体の変換期のせいで、どうってことない、ドンと来い、ぐらいの気持ちが大切です。

身体のバランスを正常に戻すには、規則正しい生活をする事も大切です。
軽いウォーキングなどで、外の新鮮な空気に触れましょう。不安感などはおもに副交感神経の乱れですから、呼吸法などもの良いでしょう。

口から息を吸い込み、いったん止めて、口笛を吹くように、ゆっくりと息を細く長く吐きます。
これを何回か繰り返し行うと、精神が安定してきます。呼吸法って以外に大切なんですよ。軽いヨガなんかも良いです。
ヨガは、呼吸法も必要ですから、一石二鳥です。更年期も時期が過ぎれば、正常な心身に戻ります。ここからが新しい人生の始まりなのかもしれないですよ。

ホットフラッシュとはうまく付き合いましょう

私は 乳がんを患い、抗がん剤治療を受けたことから、今まで普通にあった生理が止まり、そのまま閉経を迎えました。

治療中、「更年期障害のような症状がありますよ」と言われてはいたのですが、薬の副作用で、今までの自分にはなかった症状がいろいろ現れすぎて、どんな症状がその更年期障害に値するのかわかりませんでした。

ある時、いつもと同じように、食事したり、洗濯していても、テレビを見ていても突然、体が「かーっ」と暑くなって、首や背中がぐわーっとほてって、額や耳の後ろから汗が、流れるのを感じました。

「あーこれがホットフラッシュなんだ」と初めて実感したのです。

それからは、頻繁に襲われるようになりました。

それが始まったのは、4.5月頃で夏はどうなるのかと心配になりました。

その前に、梅雨です。ジメジメ蒸し暑く、ただでも嫌な時期なのに、夜寝ていて、かーっと身体が熱くなり、体中汗をかいています。

着替えを枕元に何着か準備しておいて、汗をかいたら着替えるようにしました。

本番の夏、寝室にエアコンはなく、扇風機で過ごしている我が家ては、夜風が北風に変わったりすることで、何とか眠れていましたが、この時から、私にはとても苦しくなりました。

着替えてさっぱりしたところで寝られると思いきや、このほてった体が全く冷めない。

かいた汗が体中に膜となって、自然風を感じさせなくしているような感じに思えました。

仕方なく、またアイテムを増やし、枕元には、着替え・うちわ・濡れたおしぼり・麦茶という4セットを置くようにしました。

着替えて、麦茶で体の中をさまし、おしぼりで身体を拭くと、さっぱりして少し落ち着き、うちわでパタパタしているうちに、パタッと眠っています。

冬は、暑いなーと思うくらいで、汗ばんで眠れないという事はなく、少し布団をめくって熱を逃がすくらいで過ごせます。

ただし、スウェットなどを着こんで寝ると、気づいたときには首回りが汗びっしょりになってしまうので、薄着で布団に入ったほうが良いでしょう。

それは薬の副作用なんだと勝手に思っていたからです。

治療が終わっても続く副作用などというものはないなと気付いた時に、「これが、更年期障害ってものなんだと!」理解できたのです。

更年期、いよいよ始まったかな?

私は今、50歳です。40歳を過ぎたあたりから、異変を感じはじめました。
首から上が火照り仕事をしていて顔が赤くなり変な汗が出る様になったんです。

それを見ていた同僚から更年期?って聞かれて、何故か納得してしまいました。その時は特に対応しなかったんですが。

生理の出血の量は減ってきてるのに、終わりそうな量なのに、終わらない。
タラタラと一ヶ月続いてしまいました。腰も重く、何をしていてもイライラする毎日でした。

うちは母が若い時に子宮筋腫で子宮を摘出してしまっていて、参考になるは人がいなくてどうしようかなぁって思っていたんです。
自分のは母親に体質的に似てくるから参考にすると良いって聞いていたのです。

そうしたら、5歳上の友人が『命の母』がいいよって教えてくれました。
一週間のお試しパックがあったので購入して、最初は1日一回、飲む様にして様子をみたんです。

タラタラと続いていた出血が止まり、以前と同じ周期になりました。
イライラも落ち着いて、気がついたら首から上の、のぼせもなくなってました。生理が不定期なのってかなりストレスだと思うんです。

それが緩和されるだけでもイライラも減ります。
最近は、1日3回飲んでます。命の母を飲まなくなると、のぼせたり、イライラします。早く閉経したら楽なのかなぁって思ったりしますが、個人差があるようで、閉経後の方がひどく不安定になったりすると聞きました。

まだ閉経はしてないです。今のところは落ち着いているので命の母を飲み続けようと思ってます。
全員に効くとは限りませんが私には効果がありました。いずれは皆が通る道です。なんとなく、来たきたくらいな気持ちで受け止められたらいいかもしれませんね。

40歳を過ぎたころから

更年期の症状が出たら

女性なら誰もが経験する更年期。
症状やその重さも人それぞれです。

更年期を乗り切ろう

更年期症状が重くなりやすい人は、神経質で真面目で完璧主義。
融通もきかず、クヨクヨする・・・などとよく言われますが、私は神経質で真面目で融通がきかないので、結構当てはまります。

40歳を過ぎた頃、ちょっとしたことで気分が落ち込んで不安になったり、夜になるとなぜか悲しくなり、涙がでたりしました。

その為、寝付きも悪く、良い睡眠もとれません。結果、疲れます。
その時は主人の転勤で引っ越してすぐだったので、そのせいかな?と思っていましたが、今思えば更年期だったのですね。

その時にしていたのが、暗いニュースはなるべく見ないで、寝る前にお笑い番組を見て、電気を付けたまま寝るということです。

途中目が冷めたら、無理に寝ようとしないで、暖かい飲み物を飲みながら猫の写真集を見たり、優しい音楽を聴いたり、症状に逆らわないようにしました。これで随分楽になりました。

通勤途中に少し歩いただけで息切れした時は、無理をしないで休むようにしました。
その為に時間に余裕を持って起きて行動することで、気持ちにもゆとりが出来て良かったです。

脱力感が酷くて動けない時は、主人に話して最低限の事だけしかしませんでした。

ご飯は出来合いのもの、洗い物は主人にお願いして、洗濯は回数を減らし、掃除はあらゴミ拾って終わりという風に、主人に協力してもらって乗り越えました。

そして思ったのが、気持ちにゆとりを持つと言うことです。

それでも解決しない症状がありました。それは過多月経です。
こればっかりは気持ちでどうこうできる物ではありません。

とにかく量が多くて、昼による用を2枚重ねても足りず、寝るときも気を張ってすぐにトイレに行かないと大変なことになります。

婦人科へ行こうと思っても勇気がなく、何かいい方法がないかインターネットで調べていたら、オムツ型のナプキンがあるのを見つけて、それを使用していました。

でもやっぱり婦人科で薬を貰えばよかったなぁ・・と思います。

どうしようもない時は、婦人科へ行くのが良いと思います。
勇気がいるかも知れませんが、辛い時は我慢しないで行ってみて下さい。

更年期障害はヨガでリラックスしてのりきろう!

ヨガ

私も更年期の症状で悩む一人です。30代後半に入ってから、発汗やのぼせ、理由もないいらいらや、気分の浮き沈みに悩んでいました。もしかして若年性更年期なんじゃないかって、思うようになりました。症状は年を重ねるごとにひどくなっている気がします。理由もなく悲しくなる日が続きました。どうしたらいいんだろうって思っていた時に、自治体で企画されたヨガ教室に行ってみる事にしました。

ヨガを経験してみて

以前から運動不足を感じていたのですが、運動音痴な私は運動するのには、「どうせ出来ないしなぁ」って尻込みしていました。家でじ~っとしていても、気分は滅入るばかりなので、何か違うことをしたいように思うようになりました。そんな時に、市の広報誌でヨガ教室の紹介をしていたので、通ってみることにしました。

申し込んでみて、参加してみると、同じ年くらいの30代くらいの主婦の方が結構来ていました。先生のレクチャーにしたがって、呼吸やポーズをゆったりとした雰囲気の中で習いました。ゆったりとしたペースで進むので、運動音痴な私でも無理なくついていくことが出来ました。初めてでしたが、やり終えた時にはスッキリとしたすがすがしさがありました。もやもやしていた気分がなくなりました。何かやり終えた気分がして嬉しかったです。

それから、週1回ヨガ教室に通っています。もう病みつきになってしまいました。ヨガのポーズで頭痛を緩和するポーズや子宮の働きを高めるポーズもあるので、更年期の症状で苦しむ人にも効果があります。また、ヨガは心身ともにリラックスさせる効果があるので、更年期のいらいらや気分の浮き沈みを緩和させます。理由もなくいらいらしたり、悲しくなったりする人に効き目がありますよ。ヨガをして、心身ともにリラックスさせれば、暗い気分も明るくなります。

ヨガ

今では、ヨガマットを購入して自宅でもするようになりました。毎日20分ほどヨガを自宅でしています。それ以来、いらいらもおさまり、夜も良く寝れるようになりました。更年期の症状で悩んでいる方、ヨガを始めてみませんか?気分転換になりますよ!